アライグマ駆除ならアライグマ駆除navi

*

アライグマ駆除navi

年間受付件数 20万件以上

ご相談無料・24時間365日受け付けております。

0800-805-7728

0800-805-7728

外来種問題(歴史と原因)

愛知県にて最初に発見

 

北米原産で、日本には生息していませんでいたが、1960年代に初めて日本国内で野外繁殖が確認されました。きっかけは1961年、愛知県犬山市にある日本モンキーパークがアライグマを飼育し始め、翌年にそのうち12頭脱走するという事件が起こりました。
さらにその翌年には付近の農家から「尻尾に縞模様のあるタヌキを見た」という情報がありました。その後1977年、犬山市と隣接する岐阜県可児市で住人がアライグマを捕獲し、野生化が正式に確認されたのです。また、そのアライグマを捕獲した住人は繁殖させ、30~40頭を野外へ放しています。
それだけではとどまらず、1979年には北海道恵庭市でも飼育していた約10頭が逃亡し、付近の酪農地帯に定着しました。関東では、アライグマにとって生息するのに適している自然豊かな鎌倉市に一定の繁殖が見られ、市の公報でも被害や注意を呼びかける掲載されていることがよくありました。
このような飼育していたアライグマの逃亡や遺棄は、他の地域でも起こっていた可能性は十分にあったと考えられます。

アニメの影響で加速

1970年代当時は、テレビアニメ「あらいぐまラスカル」の人気などから、ペットとしてアメリカから輸入されるようになり、その数は多い年では年間1500頭にも上り、盛んに飼育されていましたが、その多くが逃亡したと考えられます。

恐るべき繁殖力

また、アライグマは1回に3~6頭も生み、妊娠に失敗したり子どもが死ぬともう一度妊娠することもあることから、繁殖力は非常に高いと言えます。
こうして飼い切れなくなって遺棄されたり、飼い主から逃亡して野生化し自然分散したことから、2001年には36都道府県で野生のアライグマが確認され、2008年には47都道府県で見られるようになりました。
アライグマにとって、日本は自然豊かで天敵がおらず、比較的繁殖力が高いため、容易に定着できたものと考えられています。

アライグマ駆除はアライグマ駆除naviにお任せ下さい!!

スタッフ待機中!