アライグマ駆除ならアライグマ駆除navi

*

アライグマ駆除navi

年間受付件数 20万件以上

ご相談無料・24時間365日受け付けております。

0800-805-7728

0800-805-7728

まずはアライグマの生態を知ろう その1

身体的特徴について

アライグマは哺乳綱食目アライグマ科アライグマ属の哺乳類です。
前足を水中に突っ込んで獲物を探る姿が手を洗っているように見えることから、アライグマと呼ばれるようになりました。形態は体長42~60cm、尾長20~41cm、体重4~10kg程度で、灰褐色の体毛をもち、眼の周辺や足には黒い斑紋、尾の先端には黒い縞模様があります。タヌキと誤解されることが多いですが、タヌキより比較的毛が長く、尾は縞模様で、耳には白い縁取りがあるのがアライグマの特徴です。
また、足の裏全面を地につける蹠行性(しょこうせい)という歩き方をするため、足跡は人の子どもの手のような5本の指がくっきりとつき、この特徴は本種と他の哺乳類とを識別する重要なポイントとなります。

どこの国出身!?

原産地はアメリカ合衆国、カナダ南部、メキシコなどです。
日本にはペットとして移入されたのが最初で、現在も外来種として広い地域に定着しており、外来種は日本以外にもドイツやフランスなどのヨーロッパ諸国、旧ソ連のベラルーシやアゼルバイジャン、西インド諸島といった多くの国々に定着しています。

生息地域について

生息するのは水辺近くの森林が中心ですが、他にも湿地、農耕地、海岸、都市など様々な環境で生息することができます。
自分で巣を掘る習性はなく、他の動物が地中に掘った巣穴や木の洞、時には農家の納屋や物置などで休みます。基本的に夜行性ですが、日中に行動する場合もあります。行動圏は基本的に直径1~3kmの範囲内で、オスの行動圏の方が広く、その中に複数のメスの行動圏が共有しています。
寒い地方に生息するアライグマは気温がマイナス4度以下になると半冬眠を行うので、活動は大きく減退します。

意外な特技

アライグマは泳ぐことができ、木登りも得意です。また、手先も器用で、これらの能力をうまく使いエサを獲ります。
アライグマは雑食性で、サンショウウオやカエルなどの両生類、ヘビやトカゲなどの爬虫類、ブラックバスやナマズなどの魚類、イノシシやシカなどの哺乳類(死骸を含む)、バッタやハチなどの昆虫類、エビやカニなどの甲殻類、トウモロコシやイチゴなどの植物など、非常に幅広い食性を持っています。
また、人間の居住地付近では、生ごみを食するアライグマもいます。

アライグマ駆除はアライグマ駆除naviにお任せ下さい!!

スタッフ待機中!