アライグマ駆除ならアライグマ駆除navi

*

アライグマ駆除navi

年間受付件数 20万件以上

ご相談無料・24時間365日受け付けております。

0800-805-7728

0800-805-7728

アライグマ被害状況

【農作物への影響】

  1. ①農作物のスイカ、トウモロコシを食べる。
  2. ②果樹の柿やブドウなどの実を食べる。
  3. ③養魚場の魚等を食べる。

【生態系への影響】

  1. ①湿地を好むアライグマは、湿地に生息する両生類や虫類、鳥類の卵を食べるため、生態系への影響が心配されます。
  2. ②ニホンザリガニや、エゾサンショウウオなどの希少生物の捕食。
  3. ③在来生物のタヌキやキツネなどの中型食肉類の数の減少。
  4. ④タヌキやキツネ、アナグマなどと競合し生息場所を奪っていく。
  5. ⑤在来種のカエルや野鳥の卵・ヒナを捕食。

【人や愛玩動物への影響】

  1. アライグマ回虫症などの感染症を媒介する。
  2. 場合によっては感染し、重篤な症状をひきおこすことがある。
  3. 人家や社寺に侵入し、巣を作り繁殖する。
  4. 天井裏や床下などが糞尿被害にあう。
  5. 庭の池の鯉、金魚等を食べる。
  6. アライグマがペットの餌を食べる。
  7. アライグマが散歩中の犬と飼い主を襲う。

【文化財への影響】

  1. 神社仏閣の屋根裏などで出産し糞尿で汚す。
  2. 鋭い爪で柱に傷をつける。

【産業への影響】

  1. 環境省によると全国の農作物被害額は2009年度で約2億8000万円で、03年度の3倍となった。
  2. 特に、スイカやトウモロコシ、果物に被害がでている。

【生息情報】
アライグマはほぼ全国の広い範囲に分布しています。被害の拡大と分布域の拡大、そして、生息数の拡大がけねんされています。

【捕獲数の推移】

  1. アライグマは有害鳥獣として捕獲されています。繁殖力が高く天敵がいないことから個体数は年々増え続けています。被害の拡大とともに捕獲数も急増しています。

アライグマ駆除はアライグマ駆除naviにお任せ下さい!!

スタッフ待機中!