アライグマ駆除はアライグマ駆除naviにお任せ下さい!

年間受付件数 20万件以上
ご相談無料・24時間365日受け付けております。

アライグマの危険性

アライグマの危険性について

アライグマはアライグマ回虫、狂犬病、レプトスピラ症などの人間にもうつる感染症をもっているため、注意をする必要があります。特にアライグマ回虫は極めて危険な寄生虫で、アメリカではアライグマ回虫が原因となり重症脳障害患者が少なくとも12名確認され、そのうち3名が死亡しています。日本では、人間への感染はまだ報告されていませんが、動物園や観光施設などで飼育されているアライグマにはアライグマ回虫の寄生が発見されており、その割合はおよそ40%にも上ります。また、ウサギ群にアライグマ回虫による脳幼虫移行症が発生するなど、アライグマ以外の動物にも感染していることが報告されています。

駆除に至るまでの被害

屋根裏の断熱材に巣をつくり、同じ場所で糞尿をするため天井が重みと腐りで抜け落ちることがある。繁殖したノミやダニから悪質な最近が大繁殖し、天井裏だけでなく室内にも被害がおよび、アトピーや気管支などの人的被害が現れることがあります。電柱をのぼり電線に触って発火し、転げ落ちてしまい、芝生に燃え移って大火事になった例もあります。

身体的特徴について

アライグマは哺乳綱食目アライグマ科アライグマ属の哺乳類です。前足を水中に突っ込んで獲物を探る姿が手を洗っているように見えることから、この名前になりました。形態は体長42~60cm、尾長20~41cm、体重4~10kg程度で、灰褐色の体毛をもち、眼の周辺や足には黒い斑紋、尾の先端には黒い縞模様があります。タヌキと誤解されることが多いですが、タヌキより比較的毛が長く、尾は縞模様で、耳には白い縁取りがあるのが特徴です。また、足の裏全面を地につける蹠行性(しょこうせい)という歩き方をするため、足跡は人の子どもの手のような5本の指がくっきりとつき、この特徴は本種と他の哺乳類とを識別する重要なポイントとなります。

二次被害について

アライグマは、駆除をした後にも我々に様々な被害を及ぼします。例えばノミによる被害です。ヒト以外の哺乳類や鳥類などの動物に寄生する吸血昆虫であるノミは、もちろんアライグマにも寄生します。アライグマを駆除後、寄生する場所がなくなったノミは、別の場所へ移り寄生します。それが、ヒトの場合もあるのです。ノミに吸血されるとかゆみが数日続き、かゆみがぶり返すのが特徴です。

無料相談・見積もり専用フリーダイヤルは24時間受付中0800-805-7728

選ばれる理由その1 ご相談無料 アライグマの駆除15,800円から
選ばれる理由その2 アライグマなどの害獣駆除依頼NO.1を目指します
選ばれる理由その3 アライグマの駆除なら24時間365日日本全国受付対応
選ばれる理由その4 アライグマ駆除ご利用ユーザー満足度98%以上
  • 安心の明朗会計
  • アライグマ駆除のプロが対応
  • 24時間365日受付対応
  • 高品質サービス

アライグマ駆除はアライグマ駆除navi!無料相談・無料お見積もり・ご依頼はお気軽にお電話ください。

全国の害獣のご相談はコチラ
各種クレジットカード使用可能です。
  • 駆除までの流れ
  • お客様の声
  • よくある質問
  • 種類と危険性
情報漏洩対策処理対応万全
4つの強み

対応エリア

全国対応!!

アライグマ駆除navi4つの強み

アライグマ駆除navi4つの強み

無料相談・見積もり専用フリーダイヤルは24時間受付中0800-805-7728

アライグマ駆除の流れ

お申し込みの流れについて

アライグマ駆除naviの取引実績

弊社の取引実績について

無料相談・見積もり専用フリーダイヤルは24時間受付中0800-805-7728

お客様の声

2012年4月から6月までの期間にサービスをご利用頂いたお客様から、「お客様の声」をいただきました。ご利用後、「お客様の声」に応えて頂いた方には無条件で500円のQUOカードおつけしております。

大阪府50代男性 4/12
自宅の床下から生き物の鳴き声や足音のようなものが聞こえるようになり、何かと思い軒下の通気口に懐中電灯を当てると、なんとアライグマが数匹床下に住みついていました。
こちらを警戒しているようだったので危ないと思いすぐに懐中電灯を外したのですが間違いありませんでした。
けっこう奥の方におり、駆除方法がわからなかったため、インターネットで駆除方法を探していたところホームページを発見しました。
さっそく電話をして駆除の調査に来てもらいましたが殺しはしないとのことで追い出して床下の通気口を全て特殊ネットで塞ぐ工事になると提案、見積もり金額も思ったより安くしていただきました。
埼玉県40代女性 4/17
家はお寺なのですが、境内の下にアライグマが住み着いてしまい足音でうるさかったり、くる人が襲われそうになったりと被害が出始めました。
インターネットで調べると自分で駆除をすることは禁止されているみたいで困っていたときに見つけたこちらのホームページにお電話しました。
駆除をお願いしたところすぐにきてくれ調査をしていただいたのですが、駆除のあと糞の始末や消毒をして、その後お寺の境内の軒下全てに防護ネットを張り2度入ってこないように施工していただきました。
駆除の後再発は無くなり皆さん安心してきていただけるようになって本当に感謝しております。
大阪府30代男性 5/10 
自宅には蔵があり最近は誰も出入りしていなかったのですが、ある日蔵を開けてみるとアライグマが数匹いてびっくりしました。
どのように駆除をしたらいいのか知識が全く無かったためインターネットで調べてみたらこちらのホームページを見つけました。
夜遅くでも受付ができて本当に良かったです。翌日すぐに来てくれ駆除の調査・見積もりをしてくれました。価格と内容に納得したのでその場で駆除をお願いすることなりました。正確には駆除ではなく追い出してもらい、清掃をして侵入経路の天窓を特殊ネットで塞いでもらいました。
アライグマ駆除naviさんが施工もスムーズに終わらせてくれたことで家の大事なものが守られました。
東京都50代男性 5/21
自宅の天井裏で動物の足音がするようになりました。しばらくしたら天井にシミみたいなものができ少し臭いもしてきたのでネコでも住みついたのかと心配になり天井裏を見てみるとすごい臭いと共にアライグマを見つけて驚きました。
状況が深刻なので直ぐに駆除に来て欲しいと思いインターネットを見て、こちらのホームページに電話しました。他の業者とは違って24時間駆除に関する相談に乗ってくれたのでこちらを選びました。
調査・施工に来てくれた駆除のプロの方も滞りなく行ってくれ侵入口は塞がれ本当にほっとしました。
駆除するだけでなく、臭いの元の糞や尿もキレイにしてくれ消毒までしてくれ本当に助かりました。
神奈川県30代女性 6/10
一緒に住んでいる孫たちが庭で騒いでいたので、近寄ってみるとアライグマがいました。何度か家の前を歩いていたのは見ましたが、今回は自宅の敷地内に入ってきてしまいました。
人に伝染する寄生虫を持っていると以前聞いたことがあるため、孫たちが心配になり駆除をお願いしようと電話しました。
調査から駆除までの流れを丁寧に説明していただき、今回来ていただいた駆除スタッフの方は、孫たちまで危険性を教えてくれたようでした。
調査見積内容はもちろんのこと、駆除とどこおりなくしていただけました。孫たちまで優しく対応してもらうことができ、ありがたく思っております。本当に感心しました。

無料相談・見積もり専用フリーダイヤルは24時間受付中0800-805-7728

よくあるご質問

家にアライグマがいた、どうしたらいいですか?

よくあるご質問
アライグマは家の天井裏を住みかにしてしまうことがあり、ネズミやハクビシンのように騒音や糞尿被害、断熱材や柱をかじるといった被害をもたらします。鳥獣保護法に指定されていますので駆除を目的に捕獲、殺処分するには自治体の許可が必要になります。家庭菜園などをされている方は野菜などを食い荒らされることも多々あり、とても困った害獣です。家の中で発見をしたら自分で駆除をせずに業者に連絡しましょう。自分で追い払おうとしたりすると危険です。見た目とは裏腹に鋭い爪をもっているので引っかかれたり噛まれたりする恐れがあるので危険です。また、外で遭遇した場合も近づくのは危険です。こちらから近づいていくと噛まれる危険性は高いのでなるべく避けて逃げましょう。被害を発見したらすぐに自ら駆除しようとせず、アライグマ駆除のプロに相談することをおすすめします。

どんな害をもたらしますか?

よくあるご質問
農作物を荒らすというのは有名ですが、駆除の件数は圧倒的に民家からの依頼が多いのです。民家の屋根裏部屋などに住みついてしまうととても厄介です。まずは糞や尿を同じ所でする習性があるため、1箇所に溜まり臭いやシミになってしまいます。さらに屋根裏の柱や断熱材をかじるので傷がついたりひどいときは壊れてしまいます。また、ノミやダニなどを持ち込むので人体への影響は虫さされやアレルギー反応を巻き起こします。あとはアライグマが天井裏を走り回る騒音で夜眠れなくなりノイローゼになってしまうケースもあります。そのような2次被害もあるやっかいな生き物、愛らしい見た目とは裏腹にかなり凶暴なので近づいたり自分で駆除しようとせずにアライグマ駆除のプロに見てもらうのが一番かと思います。

なぜ家に来るの?

よくあるご質問
イタチやハクビシンなども含めこのような害獣といわれる種類は外敵が少なく、夏涼しく冬暖かい民家の屋根裏が大好きなのです。家の持ち主の方でも気づかないような小さな穴から侵入してきます。体の大きさはネコとほぼ同じくらいですがネコに負けず劣らず体が柔らかいので自分の身体より小さい穴からでも侵入してきます。家に住みついたら本当に厄介です。足音被害、糞尿被害、ノミやダニの被害など家にもたらす害はたくさんあります。鳥獣法という法律があり自らの駆除を行うには自治体の許可がいるために簡単に自分で駆除をすることはできません。そのため、アライグマ駆除のプロに見てもらうことをおすすめします。

アライグマの被害はなぜこんなに増えたのですか?

よくあるご質問
もともとアメリカが原産ですが、昔やっていたテレビアニメの影響で大人気になりペット用としてたくさん輸入されました。しかし、心無い飼い主がアライグマを野生に放ったりしてしまい生命力の強いのでそのままどんどん繁殖して増えていきました。野生化して数がどんどん増え、畑の作物を荒らしたり、民家に住みついて害を及ぼすようになり駆除の依頼は増加していきました。人間にも責任があるといえばあるのですが、駆除というよりは追い払う予防をして被害をなくすのがアライグマ駆除のプロが目指すところではあります。

駆除はどのように行うのですか?

よくあるご質問
被害の状況や自宅の状況に合わせての施工方法になります。まずはどのくらい住み着いているのかを調べ、追い出すか自治体に許可を取って駆除をするかを判断します。いなくなった家は糞の被害などがあるのでその清掃と消毒を行いきれいにします。その後アライグマが侵入した経路を塞ぎ、二度と入って来られないようにします。これが駆除の一連の流れになります。見た目とは裏腹に凶暴で、ばい菌やダニなどを持っているので駆除をしたい方はなるべく業者に相談することをお勧めします。

よくあるご質問について

無料相談・見積もり専用フリーダイヤルは24時間受付中0800-805-7728

会社情報ついて